「男性が運転代行を呼ぶと思って助手席で待っていたところ車が急に発進した。止めるように声をかけたが‥」 → 百㍍走って事故って止まる

飲酒運転に同乗 教諭の処分検討

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20170911/1040000017.html
NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

先月、甲府市内の公立小学校に勤務する期間採用の男性教諭が、知り合いの男性が
酒を飲んで運転する車に同乗し、物損事故を起こしていたことがわかりました。
教育委員会は、飲酒運転と知りながら同乗した場合、道路交通法に違反する可能性があるとして
処分も含め対応を検討しています。

飲酒運転の車に同乗していたのは、甲府市内の公立小学校に勤務する期間採用の27歳の男性教諭です。
甲府市教育委員会によりますと、この男性教諭は先月27日の未明、ふだんから指導している
スポーツ少年団の保護者との懇親会で酒を飲み、帰宅途中に一緒に出席した
知り合いの男性の車の助手席に乗ったということです。

車は、その後100メートルほど走ったところで道路脇の住宅の塀に衝突する
物損事故を起こしたということです。

この男性教諭は、甲府市教育委員会の聞き取りに対し事実を認め
「2次会まで参加して酒に酔ってしまい、知り合いの男性が運転代行を呼ぶと思って
助手席で待っていたところ車が急に発進した。止めるように声をかけたが事故が起きてしまった」
などと話しているということです。

教育委員会は、飲酒運転と知りながら同乗した場合、道路交通法に違反する可能性があるとして
処分も含め対応を検討しています。

09/11 16:50